• Home
  • /
  • 災害が起きる前にしておきたい!BCP対策とは

災害が起きる前にしておきたい!BCP対策とは

災害が起きても事業を続けることができるように

台風や地震、火災などの災害で停電が起きたり、事業所が被災をした場合、事業の継続が難しくなることがあります。そんな災害が起きた時でも、事業を継続することができるようにしておく対策が、BCP対策です。電子データのバックアップ、紙の文書の保管、拠点の分散化などが、BCP対策にあたります。こうした準備をしておけば、万が一停電になったり、事業所が被災をしても、事業の継続がしやすくなります。

事業を続けることの大切さ

どんな事業にも欠かせないのが、取引先です。災害で事業継続が難しくなった場合であれば、取引先も考慮してくれるのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、いつ事業が再開するか分からない状態では、取引先との関係に影響が出てしまう可能性もあります。

取引先との関係を継続したいのであれば、万が一被災をしても事業を継続できる状態を作っておくことが大切です。そのためには、災害が起きる前のBCP対策が重要になってきます。災害は、いつ起きてもおかしくないものです。それだけに、他人事と考えず、起きた場合のことをしっかりと考えておくことがおすすめです。

災害以外で事業継続に影響を与えるもの

BCP対策は、事業所が被災した場合だけでなく、取引先の企業が倒産をした時にも役に立ちます。災害が発生した時、事業所自体は被災しなくても、大手の取引先が被災をして倒産をしてしまうということは珍しくありません。こうした非常事態に陥った時でも、BCP対策をしておけば、乗り切ることができる可能性が高くなります。

東日本大地震を契機に自治体や企業のBCP対策の必要性が注目されています。BCPとは「事業継続計画」のことをいい、被災後の対応について、考えておくことが重要とされています。