• Home
  • /
  • 開発や設計をスムースにしてくれるCADの魅力

開発や設計をスムースにしてくれるCADの魅力

CADの始まりの紹介

CADは、もともとドラフターという製図道具をつかって図面を手書きにしていたものをパソコンで対応可能にしたことが始まりでした。手書きの時は、修正や変更を消しゴムで消して対応していたのでわかりにくかったり、読図をあやまって違う製品ができてしまうトラブルがありました。また、手作業のため図面を描く作業に莫大な時間を要していました。これらの問題を解決したのが、パソコン上で対応することで変更もスムースに行え、簡単に直線や曲線を描くことができるので効率よく製図ができるようになりました。また、原図の管理もデーターで行うことができましたので、共有や転送などで図面のやり取りがスムースになります。具体的には工場への製作依頼は郵送やFAXなどからデータの転送に変わっていき、早く確実にコミュニケーションをとることが可能になりました。

CADの進化について

従来は2次元からのスタートでしたが、現在は3次元モデルが主流になっています。3次元モデルを作ることで簡単に2次元に落とし込むことができますので、断面図などが簡単に作成できるようになりました。最も3次元モデルの魅力はそのまま解析に利用できます。熱や流体などいろいろな分野を行うことができますので、開発をすすめながら製図ができるといった作業が効率的になります。さらに、いろいろなソフトウェアがありますが、中間ファイルという互換性のある形式が使われていますのでソフトが違っても取り扱いができやすい環境が整っています。

水道CADは水道設備に関わる図面作成を効率化するために作られたCADシステムで初心者でも簡単に図面を作成する事が出来ます。