• Home
  • /
  • 観たいチャンネルからアンテナを探す!?必要なアンテナを選びたい

観たいチャンネルからアンテナを探す!?必要なアンテナを選びたい

地デジは住んでいる地域により変わる

地デジ化されて以降は、UHFアンテナに統一されているので、アンテナ1本あれば十分と考えている人が多いでしょう。しかし、地域によっては弱電界地域と呼ばれる電波状況があまり良くない地域が少なくありません。地方局を視聴するためには、別の中継局へ地デジアンテナを向ける必要がある場合もあるので、屋根の上にUHFアンテナが交差して設置されているケースを見かけます。混合器という装置を使えば、複数の地デジアンテナからの信号をまとめてTV接続出来るわけです。観たいチャンネルの組み合わせと、テレビ電波状況に合わせて地デジアンテナは設置する必要があるので、地域性による影響が大きいことが分かります。

BSやCSは日本全国同じアンテナで視聴可能

同じアンテナであっても、衛星放送は日本全国で共通のパラボラアンテナを使用可能です。BSと110度CSは共通のコンバーターで受信可能ですが、CS専用アンテナは別のコンバーターが必要で、アンテナの方角も異なります。視聴したいチャンネルの組み合わせから、必要となるパラボラアンテナの種類と専用チューナーの有無が決まるので、衛星放送アンテナの場合には地域性による影響は無くチャンネルによる影響が大きいです。販売されている液晶テレビの多くは、BSと110度CS放送に対応したチューナーを内蔵しているので、外付けの専用チューナーが必要となるのはCS専用アンテナが必要となるケースに限られます。昼過ぎの時間帯に太陽が見える位置の空が見えていれば、角度次第で視聴が可能です。

有料の衛星放送サービスを見るためには、アンテナ工事が必要です。アンテナ設置業者の方が約1時間ほどでベランダ等に設置してくれるので、安心です。