• Home
  • /
  • ジュエリー類の買取業者は多すぎる!?一体どこに査定に出したらいいの?

ジュエリー類の買取業者は多すぎる!?一体どこに査定に出したらいいの?

そのまま持っているよりも売る方がいいかも?

ジュエリーボックスの中に眠り、そのまま放置されているアクセサリーって誰にでもいくつかはありますよね。そのアクセサリーを入手したばかりの頃は旬のブランドで流行のオシャレなデザインであったとしても、時間が経つと流行遅れになってしまい、身につけるのに少し抵抗を感じるようになることも。単純に、新しく買った宝石を身につける方が満足できるというケースもありますよね。アクセサリーのリメイクをすることで、まったく新しいものに変身させてくれる業者もいますが、もしリメイクしても身につけることがなさそうだと感じるものは、いっそのこと買取業者の査定に出してみてはいかがでしょうか。エメラルドなどの色石だと正しく鑑定することが難しいですが、ダイヤモンドなら査定基準が明確なので、どれくらい価値があるのか調べやすいんですよね。

一つのお店だけで結論を出さない!

ダイヤモンドを売る場合も、他の中古品を売る場合と同様に一つのお店の査定結果だけで判断しないようにしましょう。貴金属の買取業者はリーマンショック以降急増しましたが、主な目的はプラチナや金の中古買取でした。そのため、これらの金属と比べるとダイヤモンドに関しては、正しくその価値を査定する力が備わっていないスタッフもいるんですよ。各業者によって査定を担当するスタッフの腕にばらつきがあるからこそ、多少面倒でも複数の業者のところを回った方がいいことが分かりますね。一番高い金額を出したところに売りましょう。

ダイヤモンドの買取は、状態によって大きく価格が異なります。基本的には傷のないものが高価格ということになります。