• Home
  • /
  • CADって何?活用して効率よく仕事をしよう

CADって何?活用して効率よく仕事をしよう

CADについて知ろう!

CADとは「キャド」と呼ばれるコンピュータによる設計支援をするものを言います。CADソフトは15万円ほどで購入できるため、設計に関わる人は使用していることが多いと言われています。CADの特徴としては、作図をするのに熟練した技術が必要ないことや修正が簡単であること等が挙げられます。作図をするために技術が全く必要ないわけではありませんが、線を真っ直ぐ引くことや文字のフォントが決まっていることで、誰が書いても同じ結果になります。そのかわり、コマンドの操作や印刷設定の方法がわかっていないと使いこなせないので、コンピュータの知識が必要です。修正が簡単であることについては、文書を打つときと同じように、簡単に消して書き直せることを特徴としています。一方で、作ったものを誤って削除してしまう可能性はあるので注意が必要です。

手書き作図と比べてみると…?

CADはとても便利なソフトですが、手書きの作図とCADを比べてみるとどのような違いがあるのでしょうか。手書き作業では、一人前の作図ができるようになるまで練習する期間が必要になります。そのため、一度に多くの人数で作業することが難しくなってしまう場合があります。これに対してCADでは操作さえ覚えれば、誰でも作図することができるので、大人数での作業がしやすいと言えます。ただ、多くの作図を手がけ、熟練した人がいないと技術自体が希薄になるので、コンピュータだけの作図が必ずしもいいとは限りません。

電気CADとは、パソコンを使って電気工事の配線図面を作成することです。手書きで行うよりも効率よく図面を作れます。